September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

きゃぴきゃぴ乙女旅 part2〜兼六園にて〜 【石川県金沢市】





兼六園てぬぐいです。
園内のお土産やさんでゲット!
安かった、確か。

日本三大庭園のうちの一つです!
ワタクシはこれで全部行きましたっ。
いや、自慢することか?

写真素材もダウンロードできるよ、公式ページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旅は2日目。
輪島の朝市でお土産てぬぐいをゲットしたあと、
旧輪島駅で、現在は道の駅になっているぷらっと訪夢へ。
ここからバスに乗って穴水に行きましたバス
穴水…?何故あなみず…?
目玉である観光施設も特になく、「まいもん祭り」は冬だし……。
ま、兎も角行ったわけですよ。長谷部神社自転車

神社に立ち寄ってお祭りもどきを見学して、
穴水からのと鉄道の生き残っている区間と、
和倉温泉経由七尾線で金沢まで……電車


旅の思い出って結構どうでもいいことが印象に残るもので。



車窓を見ながらぼーっとしていると、
道の駅になってしまった駅舎のことや
さっき乗ったバスの運転の荒さとか
穴水駅で借りたレンタサイクルが結構面白かったこととか
神社の側の資料館とか、いろんなことが思い出されて、
これが旅だなぁ〜としみじみしてました。
(しかし海無県民としては憧れる車窓でしたぞ!)


さて。特急しらさぎで快適に入線した金沢駅。
初日の早朝、寝台列車で着いて、ぼーっとしてしまった
同じ駅とは思えない活気がありました。
いきなり都会に戻ってきたことに戸惑っている間もなく、
路線バスでホテルに向かいチェックインして、すぐに観光再開です!

さて。やっと今回の手ぬぐい紹介ができるぞー。

手ぬぐいに描かれている兼六園へ。
冬の北陸名物、唐崎松を雪吊り作業したところ、ですね。
でも私達が行ったのは夏、っていうか梅雨時期。



携帯ではこんなのしか撮れませんでしたあめ

兼六園って小高い丘っぽいところにありますが、
(小立野台地っていうんだと)
それでも池やら何やら水が豊かなのは
“伏越の理”という逆サイホンの原理を使っているんだとか。
まぁ、そう云われてもピンとは来ませんがあせあせ
昔の人は凄いことするなぁ、と。

雨が降りしきる中想えば小京都の情緒も一押し、ってことで。

あとは夕食に美味しく加賀料理を食べて、
ホテルの温泉でのんびりしましたとさペンギン

※市内で温泉がある施設、でピンとくる貴方は旅の上級者ですな?(笑)

スポンサーサイト

pagetop