May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

籠目柄てぬぐい

評価:
価格: ¥1,050




籠目柄てぬぐいです。
入手経路など、忘れた(笑)

例によって手拭い販売?紹介サイトより↓


器物文様の一つ。
古くから生活の道具として使われている籠の形を模様化したもの。
線の組み合わせに面白さがあるため、
江戸小紋やゆかたなどに多く見られる。

こういうシンプルなのって、
ほんと使いやすいのよねー。

しかも古典柄って何故か
アクセスが多くって
人気の「検索用語」みたい。in狭い手ぬぐいの世界では。


JUGEMテーマ:てぬぐい

さて、かごめで思いつくのが、
トマトジュースの会社。

ではなくて、童謡です。
 
 

この籠目のどこに童謡の「かごめかごめ」の秘密があるのか。

・・・よくある俗説など調べてみようかなーと思ったけど、
いろんなのあり過ぎて、止めました(笑)

一番おもしろかった、というか
考えすぎでは?と思ったのが
レイライン的な解釈。

一般的なのはウィキにあるので
「かごめかごめ wiki」で
検索してみてください。(手抜き)


ちなみに岡野さんの「陰陽師」の、
籠の中に入って
魔除けになる、的なシーンが好きです。

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop